なんでもないはなし


描きながらふと昔のことを思い出しました。

小学校低学年のころ、すでに厨二病を発症してました。周りのみんなは普通なので恥がありました。数人お仲間の子はいましたが。親にもなるべく見られないようにお絵かきしてました。

ある時期、「いま、殺しにゆきます」というタイトルが頭の中を巡っていました。他の方にもあることなのかわかりませんが、私は頭にワードが思いついたら絵やらで消化するまでなかなか頭から抜けないタイプです。それでポスター風になんか描いてみようと、おうちでがりがり描いてたわけです。

そしたらその絵をしまい忘れちゃって、マッマに見つかっちゃったんです。

もうその時点でしんどいでしょ。

それまで娘の描くものは年齢相応の平和ならくがきしか見たことないマッマはビックリしたのか、そのコピー用紙を私につきつけて、「どうしたの!?なんかあったの!?なんでこんなの描いたの!?」とめったに聞かない焦ったようなひどく戸惑った声で詰め寄りました。

どうしてと訊かれても、説明し難すぎる趣味だし。何も言えねえ。

それに、自分が趣味で描いたものが、人をこんな気持ちにさせてしまった。見られたのは意図せず事だったにしてもまあそれは置いといて。ただ描きたかったものを描いただけで他人の不安や恐怖を煽ることになるなんて。しかもクッソ恥ずかしいし。

説明もできず、何も言わず、黙って泣きました。

なんだか悲しかった。きっと自分は周りから理解されることはないんだ。頭も悪く回転も遅く弁舌を振るうことができないのだし、趣味というかもはや世界が違う気がした。

その後とくにかけられた言葉も覚えてません。というかなんも覚えてないんですけど。


で、それがトラウマなのだと思います。絵を描くときは「絶対に見るな」と、見たら殺すぞという勢いで、特に親の前では殺気立ってました。


ただつくりたいものつくって、それを見せたとき、あるいは意図せず見られたとき、どんな反応されるのか。それが怖い。だからできあがったものの傾向によって見せる人を選ばなくてはいけない。耐性のある人、好物とする人。そして見る見られるという行為の制御は極めて難しい(と感じる)。ので、ただ公にするのでなく、公開する場所を選ぶ必要がある。

それを簡単に実現しやすいのがネット。現代に生まれていなければどうなったことか。


これって厨二病作品に限った話ではないです、きっと。たびたび話題になる腐女子やらBLやらがどうとかいうのもそうなんだと思います。つまり趣向が一般から見てどうなのか?すこしズレたものは公に晒す前に考えたほうがいーんじゃねーか?何も知らない人が見てしまったらどんな影響が、害があるか?という。こんなん小学生レベルの話でしょうけど、ネットが急速に発達してあらゆる人が入り混じってしまっている今だからこそ、改めて考えるべきことでもあるのかな思いますね。公開したからにはわずかだとしても一応責任もあるのだろうし、問われるのだろうし。

性的表現の規制もかなり厳しくなってきている中、エロ本じゃなくてネットで閲覧できてしまううえ、見ました!!と堂々発言するキッズも湧いてるみたいですし。そんなん生産側からしたら魚雷でしかないですよね。


いやぁ、単純に思い出したこと書いとこと思ってただけだったんですが…。


とりあえず、平和な、平穏な、いわゆる一般ウケのいいもの生産して満たされる人がうらやましい。とでも言っときます。



あと、最近呼吸が苦しいです。なんなんですかねこれ。姿勢悪いから肋骨とかおかしくしたんですかね。酸素が足りない感じ。背・肩こりもあいかわらずで。寝て目が醒めるとバンザイしてるんですよ。夏だったら構いやしませんが、冬はとにかく寒くて、何度か目が醒めちゃいます。そろそろ片腕ずつベッドに軽く拘束して寝ようかと思ってるんですが、なんかいい道具ないんもんでしょうか。SM用の拘束具を改造するしかないですかね。

あとあと、半年ぐらい前から、名付けて『うるさい病』がひどくて。自分の思考も周囲のものもうるさくて。多分音じゃないんです。流れ込んでくる情報がうるさい、ということなんだと思います。テレビ見てても、うるさいなあとかふと思っちゃうんです。実際は一年ぐらい前から。

はー、漠然と死にたい気分です。これが通常運転だから困る。起きたら出かけるので、人並み程度までテンションをあげないとダメなのに。もっと普通になりたかったです。莫大な金と時間かけて育てたこどもがこんな駄人間なんて、親が本当にかわいそうです。生まれてくるのが別の人間だったらよかったのにねえ。ううっダメだ。テンションあげなきゃ。そして寝なきゃ。自分語り乙って感じでしたね。これからもこの調子だと思います。


では、みなさん、体は冷やさないように。心も、あらゆる縛りから解放されるひとときを大事に。よい眠りにつかれますように。

花葬

まずはABOUTへお願いします

0コメント

  • 1000 / 1000